グリーンスムージーで快腸生活

旅行に行って美味しいものが多く、ついつい食べ過ぎてしまって、帰ってきてから後悔の嵐。

 

旅行中はいつもと環境が違うので便秘気味だったし、食べ過ぎもあってお腹もパンパン。

 

そして、肌荒れもすごくて困りました。

 

当分はダイエット…と思ったんですが、それこそ急に食生活を変えると余計い肌荒れがしそうだったので、食事を一食、グリーンスムージーに置き換えることにしました。

 

グリーンスムージーには入れてはいけない野菜や果物がありますが、そういうのは一切気にせず、入れて作りました。

 

食事を一食、グリーンスムージーに置き換えているので体重が減るのは勿論ですが、とてもトイレが近くなりました。

 

汚い話ですが、旅行中、便秘気味だった事もあり、なかなかその悪しき習慣が治らず、トイレで長居してしまい苦労していましたが、グリーンスムージーを取ってから2日で、お腹がなんだかゴロゴロ。

 

痛いゴロゴロでなく、「あっ、トイレに行きたいかも。

 

今日こそ大丈夫かも」という予感がやってきました。

 

そしてトイレに行くと、あのスッキリ、爽快感を味わう事が出来ました。

 

きっと腸に溜まっていたんでしょうね。

 

スッキリしたら、肌の荒れ、吹き出物ものだんだんと小さくなってきました。

 

体重も元に戻ったし、肌状態も良くなったしで、これはやって正解でした。

グリーンスムージーで健康生活

 

毎日の食事だけで十分な栄養を取ることは難しいものです。

 

栄養のバランスに気をつけて自炊するように心がけていても、さまざまな栄養が不足してしまうことがあります。

 

そこで、グリーンスムージーで栄養を補っていくことが大切なのです。

 

グリーンスムージーは、手軽に飲むことができるものなので、忙しい人にも向いています。

 

しっかりと飲むことで、健康的な生活を送りやすくなります。

 

グリーンスムージーを飲むに当たっては、どのような野菜が使われているのかを確認することが大切です。

 

何が入っているのか分からないまま飲むというのでは、せっかくグリーンスムージーを飲む意味がほとんどなくなってしまいます。

 

また、人工的な添加物が入っていないかどうかを確認する必要があります。

 

余計なものが入っていると、健康にはつながりません。

 

グリーンスムージーは、薬などとは異なるものなので、飲まなければならない量や回数について厳密な決まりがありません。

 

しかし、大量に飲んだからといって一気に健康的になれるというわけではないので、無理して飲むのは避けた方が望ましいです。

 

大切なことは、毎日しっかりと継続していくということなので、無理のない量を確実に飲むようにします。